Community Tudoi

ナビゲーションを飛ばして本文へ

視覚障害者のWEB活用

本文ここから

視覚障害者のWEB活用

パソコン係 専攻科 三瓶和寿

1. 日本でのパソコンのアクセシビリティーの歴史


 音声ワープロ専用機としてのパソコン

 AOK点字ワープロ

 MS-DOSの音声化といくつかのアプリケーションへの対応

 音声合成装置とソフトウェアの組み合わせで読み上げを実現

 ワープロソフト、点字編集ソフト、表計算ソフト、パソコン通信ソフト

 Windows画面読み上げソフトの開発と対応アプリケーションの増加

 パソコン内蔵の音源を活用した画面読み上げソフト

 MS word,MS excel,点字編集ソフト,メールソフト,ブラウザ,OCR,検索ソフト



2. 今日音声パソコンを実現するための条件


 読み上げソフトは目的と予算で選ぶ

 西洋医学,東洋医学などの文字の読み上げ

 点字方式で文字を入力

 点字ディスプレイで文字を確認

 晴眼者と同じソフトウェアを使う

 無料で利用できる画面読み上げソフト"NVDA"

日本語版も開発が進んでいる

 パソコン本体は一定以上の性能が必要



3. 音声ユーザーの立場でのブラウザの選択と設定


 IEが第一選択になると思われるケース

 IE対応ツールバーの削除

 NetReaderの選択が有効なケース



4. WEBコンテンツ作成の現状とアクセシビリティ


 htmlとCSSをエディタで入力し、アップロードした基本形

 少国民と呼ばれたあの頃

 cmsを活用したサイト構築とアクセシビリティ

 本校ホームページ

 画像中心のコンテンツとアクセシビリティ



5. PDFファイルのアクセシビリティ


 リンク属性などタグ付けされた事例

取扱説明書 - パナソニック商品情報

iOSアクセシビリティ プログラミングガイド

 テキスト情報が埋め込まれた事例

中小企業の海外販路開拓とブランド構築

 画像のみの事例

寄宿舎夏祭り



6. WEBスクレーピングの考え方と対応ソフトウェア


 ニュースやブログの閲覧

 辞書検索

 乗り換え検索

 サピエ図書館活用